お知らせ

2020年11月11日

 『死線を越えて』読書感想文コンクールのご案内

 『死線を越えて』読書感想文コンクールのご案内

 

感想文募集写真2

感想文募集写真

                              

 

 

賀川豊彦の代表作『死線を越えて』(上巻)が刊行されてから、

今年で100周年を迎えます。

これを記念して、この度『死線を越えて』読書感想文コンクールを開催することとなりました。

多くの方々からのご応募をお待ちしております。

 

 

1. 開催趣旨

100年前の10月に刊行され大正時代に空前のベストセラーになった『死線を越えて』を読み、その感動を文章にすることにより、賀川豊彦とその活動を知り、愛と豊かな人間性を涵養する機会とする。

 

2. 対象図書

『死線を越えて』(上巻)1920(大正9)年10月3日初版刊行)

〇現在購入可能なもの

①鳴門市賀川豊彦記念館版(当館において購入可) ②アジア・ユーラシア研究所版

※上記以外の既刊本、文庫本、PHP版等も可とする。

 

3. 応募資格 区分

①青少年の部 13~18歳までの方

②成人の部  18歳以上(高校在学者は青少年の部で応募)の方

 

4. 用紙・字数

① 原稿用紙または、A4サイズ横書き

② 2000文字程度

 

5. 応募規定と方法

① 応募は日本語で書かれた作品に限る。

② 応募は個人のオリジナルで未発表の作品に限る。

③ 他の類似コンクールとの二重応募は認めない。

④ 応募作品は理由を問わず返却しない。

⑤ 手書き原稿は郵送にて。テキストデータはファイルをEメールにて事務局へ送信する。

 

6. 応募締め切り

2021年3月31日(当日消印有効)

 

7. 審査

審査委員による厳正な選考会を経て、部門ごとに優秀な作品を選考する。

 

8. 入賞

部門ごとに、①最優秀作品 ②優秀作品 ③奨励作品を選考する。

※入賞・入選作品の著作権は選出と同時に主催者に譲渡され、機関紙誌上にて一般公開する。

 

9. 入賞発表

当館ホームページにて、2021年6月末に発表

 

10. 表彰

①賞状 ②記念品 ③図書券(5000円程度)

 

11. 表彰式

2021年9月の土曜日、当館礼拝堂にて。

 

12. 運営

「『死線を越えて」読書感想文コンクール事務局(賀川豊彦記念松沢資料館内)

 

13. 内規

「『死線を越えて』読書感想文コンクール」規定の策定

→ 2020年度第三回理事会にて提案して承認を受ける。

 

14. 審査員

 

 

黒川先生写真

審査員長 黒川知文 館長 (小説「召天」で第15回あかし文学賞受賞)

 

石井先生写真1

 

 

 

 

 

 

審査員  石井マヤコ 理事長

 

 

審査員  田辺健二氏 鳴門教育大学名誉教授(近代日本文学研究)鳴門市賀川豊彦記念館前館長

 

 

 

 

 

以上

  • 260
  • 260
  • 260
  • 260
  • 260
  • 260

ページの先頭へ