お知らせ

2016年6月1日

韓国 大邱大学「愛・光・自由賞」を受賞

大邱大学は、2011年より障害者の人権と福祉増進に献身した個人や団体に「愛・光・自由賞」を創設し大学開校記念式の際に表彰式を行っています。

今年5月3日、大邱大学開校60周年の記念式では、第6回目の「愛・光・自由賞」が社会福祉法人雲柱社に授与されました。表彰式には、昨年来、大邱大学と交流があり、今回の受賞にあたって申請書類などの手続きをした公益財団法人賀川事業団雲柱社の加山理事長と亀井常務理事が雲柱社を代表して出席しました。

 

大邱大学の創設者・李永植牧師は、賀川豊彦が学んだ神戸神学校の後輩にあたり、神戸のスラムで救貧活動していた賀川豊彦の影響を受け、卒業後、母国にもどり社会的弱者の救済活動に取り組み、戦後は1946年に大邱に盲学校を設立し、その後大邱大学に発展しました。李永植牧師の子・李泰栄博士は、1980年代に賀川豊彦記念松沢資料館と交流しており、1986年には学内に賀川豊彦記念館(栄光教会)をつくり、賀川記念室を設置しました。

創設者の孫にあたる大邱大学の李副総長は、昨年、賀川豊彦記念松沢資料館を訪問し、大邱大学開校60周年記念事業として賀川豊彦に関する研究を行いたいとの考えを表明されました。

 

5月3日午前10時30分から大学本館での記念式典では、栄光学園(法人名)理事長挨拶、同窓会長の挨拶、洪総長の講演、教職員の永年勤続の表彰が行われました。そして、第6回「愛・光・自由賞」の表彰式があり、壇上で加山理事長が表彰の楯と賞金を受賞した後、受賞御礼のスピーチの時間が与えられました。会場には大学関係者が300名ほど参列しており、賀川豊彦と栄光学園創始者および大邱大学初代総長との深い関係が共通の理解になったのではないかと思います。

午後2時から大学内の栄光教会にて、「賀川の精神」と題するテーマで、社会福祉学科の学生170名を対象とした加山理事長による特別講義が組まれました。学生たちは熱心に聞き入っていました。

 

李副総長によれば、今後①現在の賀川記念室の拡大化、②日本との定期的な交流、③中之郷信用組合へのインターンシップ派遣、④賀川豊彦記念松沢資料館館長の特別講演会の開催、⑤賀川豊彦関連の授業の計画等を検討しているとのことでした。

大邱大学ホームページはこちら

 

ceremony

授賞式

ceremony speach

受賞挨拶

special lecture

特別講義

church full

栄光教会

church plate

栄光教会に埋め込まれたプレート

  • 260
  • 260
  • 260
  • 260
  • 260
  • 260

ページの先頭へ