学会からのお知らせ

2021年10月12日

第33回(2021年度)賀川豊彦学会大会オンライン開催のお知らせ

第33回(2021年度)賀川豊彦学会大会を下記日程にて開催します。今回は、新型コロナウィルス感染症対応のため、オンラインのみでの開催となります。途中参加も可能ですので、ぜひ多くの学会員の皆様のご参加をお待ちしています。なお、今回の大会参加費は無料です。

オンラインでの大会参加は、学会員に限定しております。学会員の皆様には、「オンライン(Zoom)参加のご案内」を郵送しております。入会ご希望の方は、ニュースレター担当岩田(mhigashi@tci.ac.jp)にご一報下さい。

第33回賀川豊彦学会大会プログラム

日 時:2021年10月23日(土曜日)10:00〜16:15

会 場:Zoomによるオンライン開催(本部:明治学院大学キリスト教研究所)

共 催:明治学院大学キリスト教研究所

受付 9:30〜

開会10:00

 

(1)開会挨拶〔会長石部公男〕

事務連絡〔事務局永野茂洋〕

 

(2)研究発表I(午前の部)〔司会:鈴木武仁〕

 

発表1 10:05〜10:35(発表25分、質疑5分)

発表者:日隈脩一郎(東京大学大学院教育学研究科博士課程)

発表題:「賀川豊彦のベルクソン:「開かれた社会」概念を手がかりに」

 

発表2 10:45〜11:15(発表25分、質疑5分)

発表者:野村 誠(共愛学園前橋国際大学)

発表題:「賀川豊彦と第二バチカン公会議―必要性高まる諸宗教との対話と協力―」

 

発表3 11:20〜11:50(発表25分、質疑5分)

発表者:波勢邦生(キリスト新聞社研究員)

発表題:「賀川豊彦の『不尽油壺』」

 

(3)休憩・昼食 12:00〜13:25

 

(4)研究発表II(午後の部)〔司会:播本秀史〕

 

発表4 13:30〜14:00(発表25分、質疑5分)

発表者:金丸祐一(立命館大学)

発表題:「1920年夏における賀川豊彦の初訪中をめぐって」

 

発表5 14:05〜14:35(発表25分、質疑5分)

発表者:李善愛(関西学院大学)

発表題:「賀川豊彦と関西学院大学とのかかわりに関する一考察」

 

発表6 14:40〜15:10(発表25分、質疑5分)

発表者:篠田徹(早稲田大学)

発表題:「賀川と政治―議論の文脈をもとめて―」

 

(5)学会総会 15:30〜16:10

開会挨拶〔会長石部公男〕

(別紙参照)〔事務局永野茂洋〕

1.学会規約変更案(書面表決結果報告)

2.2019-20年度活動報告案

3.2019-20年度決算案

4.2021年度活動方針・活動計画案

5.2021年度予算案

6.その他

 

(6)閉会挨拶〔会長〕

 

閉会16:15

  • 260
  • 260
  • 260
  • 260
  • 260
  • 260

ページの先頭へ